Node.jsでIPv6を扱う
Node.jsでIPv6を扱う場合はipv6というモジュールを使用するとよい。
https://github.com/beaugunderson/javascript-ipv6

IPを数値に変換した場合、JavaScriptの仕様上、double型と扱われ、精度が落ちる。
このライブラリではbigIntegerというライブラリを用い、それを回避している。
もし、IPの範囲の検査で大小を比較する場合は、bigIntegerが提供しているcompairToを用いて行うこと。
まちがっても自分ですべての配列の大小を比較する車輪の再開発みたいなことはしてはいけない。


なお、ドキュメントなんてものはないから、ソース読んで自分で使い方を調べなければならない。
以下に最低限必要な操作は記述した、サンプルを示す。



var v6 = require('ipv6').v6;
var address1 = new v6.Address('2001:0:ce49:7601:e866:efff:62c3:fffe');
var address2 = new v6.Address('2001:0:ce49:7601:e866:efff:61c3:0002');

// アドレスの比較をする場合はbigIntegerに変換して、compareToで比較すること
var bi1 = address1.bigInteger();
var bi2 = address2.bigInteger();

// thisがでかければ+
console.log(bi1.compareTo(bi2));
// ひとしければ 0
console.log(bi1.compareTo(bi1));
// 引数のほうが大きければ-
console.log(bi2.compareTo(bi1));

// サブネットマスクを指定して、開始アドレス、終了アドレスも取得できる。
address1.subnetMask = 64;
console.log(address1.startAddress());
console.log(address2.endAddress());


// 省略形で表示も可能
address1 = new v6.Address('2001:0:0:0:0:0:0:1');
// 2001::1 と省略形で
console.log(address1.correctForm());


by mima_ita | 2014-06-13 22:17 | node.js
<< JSONファイルにコメントをつ... Node.jsのサイトへのIp... >>


検索
カテゴリ
最新の記事
.NET4.5におけるasy..
at 2014-07-02 00:46
.NETでTwitterを検..
at 2014-06-29 00:49
Redmineのプラグインで..
at 2014-06-28 03:29
IO.popenのwrite..
at 2014-06-28 03:25
RedmineのWikiでU..
at 2014-06-28 03:16
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ