DevelopersSummit2012 In Kansai のメモ
この記事はDevelopersSummit2012 In Kansai に参加した際のメモです。

はじめに、デブサミの運営をなさった皆様に最大限の感謝と敬意を捧げたいと思います。
かなり規模が大きかったので、かなりご苦労なさったと思います。

では、メモを書きます・・・が、録音とかしてないで、メモだけなので恐らくミスがあります。
(そもそもこの手の講演は録音・撮影は禁止のはず・・・)




■Chromeのプロジェクトに学ぶAgileでScaleするソフトウェア開発
テーマ大事
 複数のチームで開発するとバラバラで動いちゃうのでテーマを決めて目的を共有する。
 単純にしてだれでも覚えられるようにする。

ブランチ管理の重要性
 1000人以上になると複数のブランチが必要になる。

リリースについて
 従来型はいったんユーザーにリリースすると簡単に変更できないよ。だからバージョン番号大事
 クラウドだと、ユーザー側はバージョンは意識しないでいいよ。
 Chromeも、賛否あるだろうけど、自動更新で必ずユーザーが最新を使うことになるよ。
 あと、Chromeのバージョンアップはものすごいはやいよ。

オープンソースでの開発について
 自動化とかしないと巧くいかないよ。
 buildbotでビルド〜簡単名テストを自動化する。
  ->持ち回りで、常にグリーンな状態を保ように努力するよ
 基本的に開発者がテストに責任を持つ。
 レビューしないものはチェックインしないよ。
 自動化+優良な市民が大事だよ。

■JavaScript 最新事情 開発者なら知っておきたい次世代 JavaScript
 講演したスライドがあったので、こっちみたほうがメモみるより確実だよ。
 http://www.slideshare.net/dynamis/javascriptnext-returns
 それ以外の感想orメモ 

 レッサーパンダは可愛いよ。
 そのゲッターは、ちがう!やばい光線が漏れているよ!
 最新の仕様はほとんどのブラウザで対応してないけど、なかないでね。
 StrictModeがミソ。
   いろいろエラーチェックしてくれるよ。
   文字列なんで古い環境でも悪影響はないよ。
   特定の関数だけにも適用することができるから積極的につかってね。
 10年後はJavaこえるといいね。

■テスト駆動型の進化
 「実践テスト駆動開発」の解説と思われる講演。
 たぶん、メモみるより、本読んだほうがいいかもね。

 エンドツーエンド大事。システムの内部のオブジェクトだけをテストするんじゃなくて外部との連携がちゃんと動くこと確認しようね。
 モック
  オブジェクトの連携を確認するためのツール
  例:JMOCK
   http://jmock.org/oopsla2004_ja.pdf
 ウォーキングスケルトン(おそらく本中の動くスケルトン?)
   機能をできる限り薄くスライスしてエンドツーエンドのビルド〜テストが自動化できなければならない。
    ☆やりたいことはわかるのですが、ウォーキングスケルトンという表現がティンときませんでした。中身がスカスカのことを表しているのか?

従来のテストというのとちょっと違うね。だから「ふるまい駆動開発」という表現のほうがいいかもね。
 たぶん、実際本読まないと理解できないのだと思う。

■デスクトップアプリ開発者が押さえておきたいWindow8時代の変革
 メトロスタイル:タッチ対応の新しい感じのアプリ
 デスクトップアプリ:いままでのやつ
 Win8ではWin7の互換性を完全保証します。
 つまり、つくったアプリケーション全部動くはず。
 
 その上で・・・
 ・スタートメニューはなくなり、スタートスクリーンになる。
 ・テーマはAeroスタイルからフラットのスタイルになった。
  ただし、1ピクセルもサイズはかわっていないので互換性がある。
 ・IME入力方式の保持方法のデフォルトがかわった。
  アプリケーション毎だったのがユーザー単位に

 SoftはかわんないけどHardはかわるよね。
  ・タッチ導入
  ・高精細化
 タッチ対応は時代の流れになるはず。
かといって、マウスが使われなくなるわけじゃない。
 ディスクトップアプリとしては本来、いらないけど、タッチ操作対応をしろという要求が大きくなる。
 一応、レガシーサポートである程度はサポートしている。
   例;マウスダウンとか
 でも、次の例は対応できない
   ・マウスダウンとアップの切り分けが無理。例、マウスおしっぱなど
   ・マウスの寸法だと、そもそもタッチしずらい。
 コントロールを大きくするのはレイアウトが崩れたり、機能を満たせなくなるので厳しい。
 案としては、クリックした場合にその時だけ大きくするとか、画面自体拡大するとか・・・
 Office2013のタッチモードなんか参考にするといい。

 高精細化も時代の流れ。
 スケーリングにはXPとVista以降の2種類のスケール方法がある。
 XPのはアプリがスケーリング対応してないとだめ。
 Vista以降のやりかたはアプリがスケーリング対応してなくてもいいけど、文字がぼやける
 (うらで画像として処理してるから)
 設計時は皆同じスケーリングで統一してないと困るよ。
 スケーリングってのがあるが、この動作はコントロール依存。
 たとえば、グリッドコントロールだと、コントロールとフォントはスケーリングされるが、各行の高さはスケーリングされないので、文字が欠けて見える。
  ☆スケーリングにかんしてはちょっとあとで、確認しないと・・・
 SPREADっていう製品名が出てきて胸熱。なつかしいなぁ。昔つかってた。

■関西に所縁のあるITコミュニティ集まれ!デブサミ名物コミュニティLT大会
 はやすぎたので、メモしきれない。おそらく不正確

 ソフトウェアのリスクベースのテスト
  リスクのリストアップとそのセーフティーネットを顧客とつめる。

 ITを使った社会貢献
  良い話。でも途中で時間が切れた・・・

 プロジェクトファシリテーション
  プロジェクトファシリテーション大事だねという話。
  わりと昔っからあった活動

 RxTstudy
  タスクの作り方とRedmineについての話。
 Redmine2.0が出たそうだ。

 SQLWorld
 SQLServerの話。かなりコアな話をしてそうな感じ。純技術的にこれが一番そそられた。

 App Inventor
  簡単にアンドロイドアプリを作れるツール。
  マルチプラットフォーム
  教育用らしい。

 WIndow Azure
  クラウディアたんが可愛くて死にたい。
[PR]
by mima_ita | 2012-09-14 21:03 | memo
<< なきながらWindows7にb... ExcelVBAの「条件付きコ... >>



実験ですお
検索
カテゴリ
最新の記事
.NET4.5におけるasy..
at 2014-07-02 00:46
.NETでTwitterを検..
at 2014-06-29 00:49
Redmineのプラグインで..
at 2014-06-28 03:29
IO.popenのwrite..
at 2014-06-28 03:25
RedmineのWikiでU..
at 2014-06-28 03:16
以前の記事
最新のトラックバック
その他のジャンル
ブログパーツ